It's All Right

    山行可否判断

    私の場合、どうてもトレーニングが必要な時など例外を除いて
    原則、天気が悪い日は山には登りません。
    それと、五十を過ぎていますので、どうしても山登りの翌日に疲れが残ります。
    日曜日にヘビーな山登りをすると、月曜日に疲れが残り、一週間引きずってしまいます。
    なので、他に用事の無い、翌日が休みの好天日が山行日になります。

    仕事がそれ程忙しく無い時は、プランに合わせて、なるべく早く出発できる時間に起きます。

    仕事が忙しい時は、長短2つのプランを用意しておき、
    無理に早起きせず、自然に目が覚めた時間に合わせて、どちらのプランで登るか判断します。

    普通の土日が休みの週で、土曜日が悪天のため山行を中止し、翌日の日曜日が好天だった場合、
    筋力を落とさないために、正午までに下山できるような短く軽めのプランで登ることもあります。
    日曜日も微妙な天気の場合、天候回復待ちの待機は、正午までに下山できるかどうかが基準になります。


    今週末は、土曜日の山行は、前日の金曜日時点で中止を決めていました。
    日曜日は天候が回復する予定だったので、山登りの準備はしていましたが、
    朝起きると、思ったより雲が厚く低い状態だったので、天候回復待ち。
    なかなかすぐに天候は回復せず、用意していたプランは約3時間プランだったので、
    登山口までの移動も考慮し、8時半に中止としました。
    スポンサーサイト
    1. 2016/10/02(日) 09:04:54|
    2. ハイキング
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<六甲の歩き残し | ホーム | スマートフォン>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    https://tokiwatrekking.blog.fc2.com/tb.php/26-bf81bf47
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)